高血圧を下げる成分、タウリンはコレステロールも下げちゃいます

この記事の所要時間: 333

038248

今回は、とっても素晴らしい成分、
タウリンをご紹介します。


タウリンといえばよく聞くのが、
栄養ドリンクですね。


「ファイトーーー、イッパーーーツ」

という掛け声で、有名なあのドリンク
にもタウリンが含まれています。
(天然タウリンではないので、1日に何本も飲むのはダメですが)


と、話がそれてしまいましたが、タウリンは栄養ドリンクに
よく入っている元気になっちゃう成分、というイメージがあると思います。
・・・が、タウリンには他にも優れた効果が3つあります。

血圧を下げる効果

これは、研究結果で明らかにされていますが、
タウリンを摂取していたマウスは、摂取していない
マウスよりも、血圧が下がった事が分かっています。


また、脳卒中になる確率も低くなることが分かっています。


私もタウリンって、飲み過ぎの次の日や、飲む前に飲むと結構
効く、って思っていたんですけど、血圧を下げる効果もある
なんて、驚きでしたね。


血中コレステロールを下げる効果

コレステロールは、絶対悪、というわけではありません。
少しは無いといけない栄養素ですが、現代の日本人は
食の欧米化などにより、コレステロール値が高い人が
多くなっています。


タウリンは、この血中コレステロールを下げる働きもあるんです。
どうやって血中コレステロールを下げるか?というと、
タウリンが、余分なコレステロールを体外に排出する事によって
結果、血中コレステロール値が下がる、という仕組みなのです。


コレステロールが増えすぎると、動脈硬化になる
可能性があるので、十分にタウリンを摂っておきましょう。


交感神経の興奮を沈める作用

タウリンには、交感神経を沈める作用があります。
要するに興奮している状態を和らげる作用がある、という事ですね。


交感神経が興奮すると、アドレナリンがドバっと出て、
ストレスがかかり、コレステロールも溜まりやすくなるんですね。


ストレスが多いと、動脈硬化にもなりやすくなります。
最終的には心筋梗塞にもなりやすく
なってしまうので注意が必要です。

そこで、タウリンを十分に摂っておけば、交感神経
を沈めやすくなる、というわけです。


まとめ

タウリンという成分は、血圧を下げて、
血中コレステロールも下げて、更に交感神経の
興奮を沈める作用も持っているスーパーな成分です。


このスーパーな成分、タウリンの多い食品は魚介類です。

タウリンが多く含まれている、代表的な魚介類を紹介しておきますね。


カキ     タコ      イカ

カツオ    シジミ     アサリ    

タラ     ホタテ     エビ


タウリンは、やっぱり貝類に多く含まれていますね。

これらの食材をいつも食卓に並べられるか?といえば、
難しいかもしれませんが、出来る限り食べるように心がけたいですね。
自分の体を改善するためですからね。


調理法としては、やっぱり鍋が一番お手軽で
ボリュームがあり、栄養的にも優れていると思います。

上記の食材に、野菜、キノコ類、豆腐などを加えれば、
立派な高血圧改善料理の出来上がりです。お試しあれ。


また、タウリンは高血圧の人にも効果を発揮しますが、
肝機能も高めてくれるので、高血圧気味で普段からお酒をよく飲んだり、
いつも疲れやすかったりする場合はサプリや食品から摂るといいですよ。


タウリン含有量も多くてかなり認知度も高い人気のサプリメントについては
下記の記事で色々書きましたので、良かったら参考にしてみてください。

肝パワーeプラスを飲んだ感想と高血圧との関係を話してみた


他にもタウリンについての記事をいくつか書いてあるので、
良かったらこちらも参考にしてみてください。

タウリンのサプリの効果や、使用した人の感想を検証します

タウリンは、コレステロール値と血圧を下げる効果がありますが・・・

高血圧・肥満・両方で悩んでいる人が摂るべき栄養素はDHAとEPAです

健康的な体を目指す人におすすめのサイト

フイッシュオイル(魚油)やココナッツオイル等、高血圧や健康に良いサプリやオーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)というサイトについて詳しく紹介しているサイトは下記をクリック

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

おすすめ記事はこちら

高血圧を食事で改善するための5つのポイントとは?

高血圧の人が外食でメニューを選ぶ時、気を付けるべき8のポイント

さくらの森のきなりを飲んだ感想と他での評判は?

血栓予防が出来る食べ物を食べて血圧も下げるように心がけよう

食事内容と考え方を変えれば高血圧は必ず改善します

今回の記事はいかがだったでしょうか?

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら、下記のツイート、いいねボタンなどで共有して頂けると嬉しいです。

あなたが、下記のバナーをクリックをしてくれる事で、
私が記事を更新する励みになります。応援よろしくお願いします。


生活習慣病 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ