高血圧の人が、脂質の摂りすぎに注意しなければいけない理由とは?

この記事の所要時間: 233

2008_0419_CDC8A4B2CAAA3BCEFC0B9A4EAA4A2A4C3A4D7
高血圧の人は、脂質の摂りすぎに注意しなければいけない。
何故なのでしょうか?


詳しく説明していきましょう。

もしあなたが高血圧で、肥満気味、
メタボ気味の場合、
特に注意して聞いてくださいね。

脂質は、直接肥満の原因になってくる栄養素です

脂質という栄養素は、三大栄養素の中でも一番カロリーが高い
というのはご存知でしょうか?
下記の1グラムあたりのカロリーを見てください。


糖質    1gあたり  4キロカロリー

タンパク質 1gあたり  4キロカロリー

脂質    1gあたり  9キロカロリー


脂質が一番カロリーが高いですね。
他の2つのカロリーと比べると倍以上という事が分かります。


ここから分かる事は、脂質を摂りすぎる事によって、
1日の摂取カロリーが増えやすい、という事なんです。
知らない間に摂取カロリーが増えてしまうんですね。


例えば、脂肪のほとんどない肉を100g食べるのと、
脂のたっぷりのった肉を100g食べるのでは、
カロリーが全然違ってくる、という事です。


脂質は、三大栄養素の中でも一番脂肪になりやすい栄養素ともいえます。
(糖質も体脂肪になりやすいですが、なる過程が違います)
脂質、という名前から分かるように、脂肪になりやすい栄養素です。


肥満、メタボに一直線、というわけですね。
肥満、メタボがどうしていけないのか?
高血圧の人なら分かると思います。


脂質の中でも動物性の脂肪は、摂りすぎると後々まずいです

動物性の脂肪を摂りすぎると、肥満、高血圧、脂質異常症など、
生活習慣病に繋がる症状が出やすくなります。


高血圧の人が、脂質を摂りすぎると更に生活習慣病を
発症するリスクが大きくなってきます。
動脈硬化、脳卒中などが代表の病気ですね。


生活習慣病について色々と知りたい人は、
こちらのカテゴリー記事を参考にしてください

「高血圧と糖尿病」の記事一覧

「高血圧と心筋梗塞」の記事一覧

「高血圧と脳卒中」の記事一覧


では、脂質は脂質でも、動物性の脂肪は良くない、
というお話ですが、どういった食べ物がダメなのでしょうか?



加工食品(ベーコンやソーセージなど)

脂の多い肉

バター

レバー


簡単に挙げましたが、卵やレバーなどは非常に栄養価が高い
食べ物ですから、食べ過ぎなければ私は良いと思います。


ただ、加工食品はなるべく食べないほうが良いと思います。
あまり栄養的にも良くないですからね。


まとめ

基本的に脂質という栄養素は、現代の生活では
不足する事はまずありません。


どちらかというと、摂りすぎの人が多いです。
特に高血圧の人は、脂質の摂りすぎは生活習慣病に
なる確率が上がってくるので、なるべく控える方向でいきましょう。

高血圧と肥満・両方で悩んでいる人が摂るべき栄養素はDHAとEPAです

DHA・EPAが500㎎配合されたきなりの公式サイトはこちら

健康的な体を目指す人におすすめのサイト

フイッシュオイル(魚油)やココナッツオイル等、高血圧や健康に良いサプリやオーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)というサイトについて詳しく紹介しているサイトは下記をクリック

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

おすすめ記事はこちら

高血圧を食事で改善するための5つのポイントとは?

高血圧の人が外食でメニューを選ぶ時、気を付けるべき8のポイント

さくらの森のきなりを飲んだ感想と他での評判は?

血栓予防が出来る食べ物を食べて血圧も下げるように心がけよう

血圧を下げるレシピは、〇〇食材を利用しましょう

今回の記事はいかがだったでしょうか?

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら、下記のツイート、いいねボタンなどで共有して頂けると嬉しいです。

あなたが、下記のバナーをクリックをしてくれる事で、
私が記事を更新する励みになります。応援よろしくお願いします。


生活習慣病 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ