高血圧に一番関係があるのは、脳血栓です

この記事の所要時間: 254

脳の血管が破れたり、詰まったりする事によって起きる脳の障害を
まとめて脳卒中と呼んでいるのは知っていますでしょうか?


で、脳卒中のなかでも血管が破れるのが
脳出血と言い、
血管が詰まるのが脳梗塞と言います。


更に脳梗塞の中でも、血管内の状態によって、
種類が分かれるのは知っていましたか?

今回は、高血圧と最も関わりがある脳血栓についてお話していきましょう。

脳血栓とは、どんな状態なの?

血管内には普通の血も流れていますが、ドロドロした血も流れていて、
その中に血のかたまりみたいなものもあります。

この血のかたまりは、脂肪分などの成分が含まれています。


この血のかたまりを血栓と言います。


普通の人の健康で弾力のある血管なら、この血栓も詰まることなく、
血管内をうまく流れていくのですが、動脈硬化が進んだ硬くて細い血管だと
血栓が色々な血管の場所(細いところや枝分かれした箇所)にこびりついていきます。

そんな状態が積み重なっていって、
ついに血栓が脳の血管を詰まらせてしまうんです。


これが・・・・・脳血栓なのです。


冬に蛇口についているホースが凍っている事を想像してください。

朝、凍った状態で蛇口をひねると水がほとんど出ませんよね。
こんな状態が、脳血栓なんです。


こうなってしまうと本当に大変です。

血液は脳に酸素を運んでいるので、血栓で血が詰まって流れなくなってしまうと、
その詰まった場所から先は、酸素が運ばれなくなってしまいます。


そうなると、脳のその部分が壊死してしまって、手足の麻痺や意識障害が進行していきます。

こんな状態だけは避けなければいけない・・・それはあなたも思っている事だと思います。


そして、もう1つ・・・脳血栓以外にも脳の血管が
詰まる病気があるので、そちらも伝えておきましょう。


脳塞栓は重病になりやすいです

脳塞栓も脳の血管が細くなって詰まってしまう、というところは
脳血栓と一緒ですが、詰まらせる血のかたまりの種類が違うのです。

それは、心臓でできた血のかたまりが脳まで運ばれてきて、
血管を詰まらせてしまう、という現象なんです。


で、この脳塞栓は、脳血栓よりも太い血管で起きる場合が
多いみたいなので、重病になりやすいとの事。

ここでいう重病とは、意識障害やけいれんなどがあります。


まとめ

高血圧の人は、脳梗塞になる確率が、糖尿病の人に比べて2.5倍、
タバコを吸う人に比べて3.5倍も高くなっています。

そんな脳梗塞の中でも脳血栓が一番なりやすいので、
日頃から生活習慣や食事に気を使っていきましょう。


最後に一言・・・人間は、自分の思い通りに体が
動かなくなることが一番嫌だし、なりたくないと思います。



これは、私だけではなく、誰もが思っている事だと思います。

あなたは、そんな体になりたいですか?・・・なりたくないですよね。


そうならないようにする為には、知識をつけることが大切です。

という事で、血栓については下記の記事でも詳しく
書いているので、良かったらこちらも参考にしてみてください。

血栓予防が出来る食べ物を食べて血圧も下げるように心がけよう


この記事が参考になれば幸いです。

高血圧と肥満・両方で悩んでいる人が摂るべき栄養素はDHAとEPAです

DHA・EPAが500㎎配合されたきなりの公式サイトはこちら

健康的な体を目指す人におすすめのサイト

フイッシュオイル(魚油)やココナッツオイル等、高血圧や健康に良いサプリやオーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)というサイトについて詳しく紹介しているサイトは下記をクリック

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

おすすめ記事はこちら

高血圧を食事で改善するための5つのポイントとは?

高血圧の人が外食でメニューを選ぶ時、気を付けるべき8のポイント

さくらの森のきなりを飲んだ感想と他での評判は?

血栓予防が出来る食べ物を食べて血圧も下げるように心がけよう

血圧を下げるレシピは、〇〇食材を利用しましょう

今回の記事はいかがだったでしょうか?

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら、下記のツイート、いいねボタンなどで共有して頂けると嬉しいです。

あなたが、下記のバナーをクリックをしてくれる事で、
私が記事を更新する励みになります。応援よろしくお願いします。


生活習慣病 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ