高血圧の人が、トイレで気を付けるべき2つの危険ポイントとは?

この記事の所要時間: 222

20090901103718756

高血圧の人は、お風呂に入るときは
気を付けよう、という記事を以前
書きましたが、トイレも見えない
危険が潜んでいるんです。

という事で、今回は高血圧の人がトイレで
気を付けるべき2つのポイントを
お話していきたいと思います。


あなたの家のトイレを直撃取材します

まず、あなたの家のトイレは和式でしょうか?それとも洋式でしょうか?
それによって、危険度がかなり違ってくるんです。
どちらが危険か?というと和式なんですが何故だと思います?


何故なら、和式トイレはしゃがむ行為をしなければいけないからなんです。


人間は、しゃがむと下半身への血流が悪くなってしまいます。
その状態で「ふーん」といきんだらどうなるでしょう?
頭部の血圧が一気に上がる事になってしまうんです。
こうなると、脳の血管が破れて脳卒中、という危険性が出てきます。


ですから、出来れば危険度が和式より
低い洋式トイレを使用する事をお勧めします。


ここで勘違いしてほしくないのは、
洋式トイレなら安心だ、って事じゃないです。
洋式トイレでも、自分の行動(お尻を拭く行為など)で血圧は
上がるので、そのあたりは油断してはいけないのです。



トイレって冬は昔から寒いよね

トイレでもう1つ危険なポイントは、特に冬は他の部屋と
温度差がある、という事なんです。
今、新しいお家に住んでいる人は、トイレもある程度は暖かいかもしれませんが、
普通は、トイレは他の部屋比べて寒いはずです。


例えば、夜中にトイレに行きたくなって起きたとします。
暖かい布団の中から出てきて、いきなり寒いトイレに行ったら、
どうなると思います?


血管が寒さの為、縮んでしまい、一気に血圧が上がる場合があります。


また、トイレで小さい方をしている時、ブルブル、って
震えが来た事があると思います。
あれは、体から熱が逃げていって、体温が下がった状態なんです。
これも、血圧が上昇して、一気に下がる原因にもなります。


特に男性の場合は、立って排尿をするので、脳貧血を起こして
急に倒れてしまう事があります。ここは、注意が必要ですよ。


このトイレが寒い事によって、血圧上昇が起こるのを防ぐためには、
トイレを暖かくしておく事しか解決策はありません。
これは、なかなか難しい事ですが、出来る範囲でやってほしいものです。


ただ、私の考えとしては、お風呂や脱衣所は暖かくできますが、
トイレは非常に難しいと思うので、トイレに行くときは
たくさん着込んで暖かくして行くのが良いのかな、と思います。
これは、あくまでも私の考えなので参考にしてくださいね。

高血圧と肥満・両方で悩んでいる人が摂るべき栄養素はDHAとEPAです

DHA・EPAが500㎎配合されたきなりの公式サイトはこちら

健康的な体を目指す人におすすめのサイト

フイッシュオイル(魚油)やココナッツオイル等、高血圧や健康に良いサプリやオーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)というサイトについて詳しく紹介しているサイトは下記をクリック

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

おすすめ記事はこちら

高血圧を食事で改善するための5つのポイントとは?

高血圧の人が外食でメニューを選ぶ時、気を付けるべき8のポイント

さくらの森のきなりを飲んだ感想と他での評判は?

血栓予防が出来る食べ物を食べて血圧も下げるように心がけよう

血圧を下げるレシピは、〇〇食材を利用しましょう

今回の記事はいかがだったでしょうか?

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら、下記のツイート、いいねボタンなどで共有して頂けると嬉しいです。

あなたが、下記のバナーをクリックをしてくれる事で、
私が記事を更新する励みになります。応援よろしくお願いします。


生活習慣病 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ