喫煙は、高血圧の原因であり、最終的には心臓や脳の病気の原因にもなる

この記事の所要時間: 318

tabaco

タバコ、値段も昔に比べてだいぶ上がっていますが、
それでも好きで吸っている人は多いと思います。


実際私も15歳くらいから吸い始めて
(法律違反ですが若気の至りです)
30代前半まで吸っていました。

でも、その後は禁煙して今は完全に辞めています。
(後ほど禁煙の秘訣を書いておきますね)


プロフィールにも記載していますが、若い頃はタバコ、酒、夜更かしは
当たり前で、遊びの間に仕事をする、って感じでした。
血圧も今より高めで、超不健康でした。


と、話が逸れてきたので戻しますが、正直タバコを吸っていて、
現在高血圧の人は、出来る限りタバコや止める方向でいってほしいです。
「百害あって一利なし」とはタバコの為にあるような言葉です。


タバコは吸うだけで血圧を上昇させます。何故でしょう?


血圧を上昇させる原因は・・・・・ニコチンにあります。
ニコチンと言えばタバコ、タバコと言えばニコチン、と言うくらい、
タバコを吸っていない人もニコチンの存在は知っていると思います。


そのニコチンが、アドレナリンを分泌させてしまいます。
アドレナリンも聞いたことがあるはずです。
スポーツや格闘技などでも言ってますね。

「アドレナリン全開で痛みも感じませんでした」

的なコメント聞いたことあると思います。


要するに神経を興奮させる成分です。
神経が興奮すると、血管が収縮して結果、血圧が上がってしまうのです。
って事は、高血圧の人は格闘技はやらないほうが良いですね(苦笑)


また、それだけではなく、タバコは動脈硬化の症状も促進するんです。
まだありますよ。しいては脳梗塞や心筋梗塞になる確率もタバコを吸う事によって
すごく上がるんです。


私も色々と勉強しましたが、タバコを吸うメリットって本当に1つも無いんですよ。
タバコって、依存性がかなり強いので、吸っていないと落ち着かないんですよね。
私もそうでしたから。でも、それだけなんですよね。


食事のあとは美味しく感じましたが、これも一種の依存であって、辞めた後に思ったのは
「煙が美味しいって、どうやって分かるんだろ」と思ったものです。


タバコを辞めた私が言うので説得力があると思うのですが、タバコをやめると
本当にご飯が美味しく感じられるので、太る可能性もあります。
でも、これは自分で調整すればいいだけなので、太るのは自己責任ですが・・・。


また、タンが絡まなくなりますし、声が出るようになります。
カラオケが好きな人はタバコやめたほうが良いですよ。歌が上手くなります。


と、また話が逸れていってしまうので、ここらでまとめます。


喫煙は、高血圧になりやすいです。またそこから動脈硬化や脳梗塞、
心筋梗塞にまで発展する可能性は十分あります。

今からでも辞めることが出来れば、生活習慣病になる確率は
グンと下がるので、タバコをやめる努力をしましょう。



私が禁煙に成功した方法


ここで禁煙する為のノウハウを授けましょう。

それは・・・タバコを吸う事自体と何かを天秤にかける事です。

私の場合は、タバコが値上がりしてきて、

「このまま、タバコが値上がりした状態で吸い続けるよりも、いっそのこと辞めて
その分、友人と飲みに行く金に使った方がよっぽど有意義だ」

と悟り、その日からタバコをやめました。


もちろん途中で吸いたくなりましたが、やはり人から言われたことではなく、
自分で決断した事は達成できます。

何でもいいです。タバコのお金を彼女とのデート代金に回してもいいし、
高価な物を買ってもいいし、美味しいものを食べてもいいし、
タバコに変わる何かを見つけ、自分にコミットメントしましょう。

高血圧と肥満・両方で悩んでいる人が摂るべき栄養素はDHAとEPAです

DHA・EPAが500㎎配合されたきなりの公式サイトはこちら

健康的な体を目指す人におすすめのサイト

フイッシュオイル(魚油)やココナッツオイル等、高血圧や健康に良いサプリやオーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)というサイトについて詳しく紹介しているサイトは下記をクリック

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

おすすめ記事はこちら

高血圧を食事で改善するための5つのポイントとは?

高血圧の人が外食でメニューを選ぶ時、気を付けるべき8のポイント

さくらの森のきなりを飲んだ感想と他での評判は?

血栓予防が出来る食べ物を食べて血圧も下げるように心がけよう

血圧を下げるレシピは、〇〇食材を利用しましょう

今回の記事はいかがだったでしょうか?

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら、下記のツイート、いいねボタンなどで共有して頂けると嬉しいです。

あなたが、下記のバナーをクリックをしてくれる事で、
私が記事を更新する励みになります。応援よろしくお願いします。


生活習慣病 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ