血管が老化して、梗塞の病気(心筋梗塞や脳梗塞)になるまでの流れ

この記事の所要時間: 225

doumyakukouka

血管は何枚もの層で出来ていますが、
血管内皮は血液に触れている部分に当たります。


その血管内皮に血液中の脂肪や悪玉コレステロール(LDL)が
こびりつくようになると動脈硬化になりやすくなってきます。


こびりついた脂肪や悪玉コレステロールは、徐々に硬くなっていって硬化します。
そして、結果的には血管自体を細くする原因になっていきます。

血液の中身も重要です。
血中の中にはタンパク質や糖質、脂質や酵素などが溶け込んでいます。


糖質や脂肪の摂りすぎ、運動不足は、血液の質を下げます。


そして、赤血球にも影響が出ます。
赤血球の膜が硬くなって、血管を通り抜ける為に
変形できる能力が衰えてきます。
そうなると、狭い毛細血管を通りにくくなってしまうのです。


血液自体もよく世間で言っているドロドロ血液(実際はそんなドロドロではないけど)
に近くなってきてしまいます。
そんなドロドロ血液が血管内を流れるとその中の悪玉コレステロールが
血管の壁にこびりつきやすくなります。


ここからが、チリも積もれば山になる、という感じです。

ドロドロ血液の状態でずっと循環しているとどんどん血管の壁に
悪玉コレステロールが溜まっていきます。
そうなると、更に酸化悪玉コレステロールなるものができやすくなり、
正に負の連鎖が起こってきます。怖いですね。


で、そのまま、酸化悪玉コレステロールが溜まり続けるわけではなく、
ちゃんと掃除(食べる)してくれるマクロファージ(細胞)なるものがあるんですが、
これがまた後になって厄介になってきます。


このマクロファージが増えていくと、血管の壁に粥腫(じゅくしゅ)というものが
出来るようになります。(別名プラークとも言います)
この特徴は、ブヨブヨしていて膨らんでいます。
それが血管の壁についているんですが、その粥腫が破裂したり
はがれたりした場合がまずいのです。


粥腫が破裂したり、はがれたりした場合、血栓(血のかたまり)
できやすくなってしまいます。


この血栓が、曲者です。

実はこの血栓、かなり早いペースで大きくなりやすいのです。
・・・という事は・・・・・血管が詰まりやすくなる、それも急に。

ここまで来ると、脳梗塞、心筋梗塞になる確率はすごく上がります。


誰でもこんな状態はなりたくないと思います。
だって、血管が詰まったり、血管が破裂したりすると
一瞬で生死を分ける状況になるんですよ。
場合によっては、命が助かったとしても重度の後遺症になる事もあるんです。


こんな風にならないように、早め早めに予防策を取っていきましょう。
役に立つ予防策はこのブログでどんどん発信していきたいと思います。

高血圧と肥満・両方で悩んでいる人が摂るべき栄養素はDHAとEPAです

DHA・EPAが500㎎配合されたきなりの公式サイトはこちら

健康的な体を目指す人におすすめのサイト

フイッシュオイル(魚油)やココナッツオイル等、高血圧や健康に良いサプリやオーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)というサイトについて詳しく紹介しているサイトは下記をクリック

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

おすすめ記事はこちら

高血圧を食事で改善するための5つのポイントとは?

高血圧の人が外食でメニューを選ぶ時、気を付けるべき8のポイント

さくらの森のきなりを飲んだ感想と他での評判は?

血栓予防が出来る食べ物を食べて血圧も下げるように心がけよう

血圧を下げるレシピは、〇〇食材を利用しましょう

今回の記事はいかがだったでしょうか?

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら、下記のツイート、いいねボタンなどで共有して頂けると嬉しいです。

あなたが、下記のバナーをクリックをしてくれる事で、
私が記事を更新する励みになります。応援よろしくお願いします。


生活習慣病 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ