高血圧で肥満の人は、頑張ってダイエットしましょう

この記事の所要時間: 242

ab370c4e23eee4025437b4a501a8320f_s

何故なら・・・・肥満自体が高血圧を招いている原因
にもなっている場合があるからです。
人によっては、肥満を解消するだけで、
高血圧を改善できる場合もあります。



また、肥満で高血圧の人は、生活習慣病になりやすい、
と言えます。
生活習慣病といえば、動脈硬化や脂質異常症(高脂血症) 、
糖尿病などなってしまうと改善しにくい病気もあります。


その中でも、動脈硬化の症状がより悪化してくると、
脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)や、狭心症、
心筋梗塞に
なる可能性も出てくるのです。


ここまで来ると、もう手遅れになってしまうので、現時点、つまり高血圧で肥満、
という状況よりも悪化しないように肥満を解消していきましょう。


でも、こういう意見もあるでしょう。

「私は、昔から食事量も全然変わっていないのです、それなのに太ってきたんです」


これは、ある意味、正常なんです。
どんな人でも、年齢を重ねてくると(だいたい30歳過ぎたあたりから)代謝が落ちてきます。
ですから、若い頃と同じ食事をしていたら太ってくるのは当たり前の事なんです。


また、年齢を重ねる度に酵素の働きも弱くなってきます。
例えば、若い頃と同じような食事量を摂っていたとして、今までは処理していた
コレステロールを加齢によって処理できなってくる、という事が起こってきます。


これが、若い頃と同じ食事量でも、太ってきてしまったり、
コレステロール値が上がってしまったりする原因なのです。
要は、若い頃のままの食事内容や食事量では、体重も増えて肥満になり、
高血圧になりやすく、不健康になりますよ、って事なんです。


「じゃあ、病院食みたいな質素な食べ物しか食べられなくなるじゃないか」

と言いたくなるかもしれませんが、決してそうではありません。


ちょっと小太りの方が長生きする、なんて言われているこの頃、
健康であれば、別に痩せる必要はないかもしれないですが、
高血圧気味の人や、血糖値が高い人は、ダイエットをしよう、と宣言しましょう。



内臓脂肪が多い肥満は特に注意です。


高血圧の人で肥満の人は、内臓に脂肪がついている事が多いです。
その内臓脂肪の多い人は、脂肪細胞から分泌されるホルモンの一種、
アディポネクチンが少ない傾向にあります。


このアディポネクチンは、血圧を下げたり、糖尿病の改善に効果が
あったり、中性脂肪を減らす効果があったりして、とても
重要な役目をしています。


このアディポネクチンを増やすためには、内臓脂肪を
減らさなければいけません。
内臓脂肪を減らすためには・・・・ダイエットしかないわけです。


ダイエットに成功すれば、血圧も下がる可能性があり、生活習慣病になる
確率も格段に下がり、かっこいい体型も手に入ってしまいます。
まさに一石三鳥になる為にやるのがダイエットです。


これからメタボリック解消、ダイエットの秘訣をどんどん発信して
行きますので、頑張って少しずつダイエットしていきましょう。

高血圧・肥満・両方で悩んでいる人が摂るべき栄養素はDHAとEPAです

健康的な体を目指す人におすすめのサイト

フイッシュオイル(魚油)やココナッツオイル等、高血圧や健康に良いサプリやオーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)というサイトについて詳しく紹介しているサイトは下記をクリック

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

おすすめ記事はこちら

高血圧を食事で改善するための5つのポイントとは?

高血圧の人が外食でメニューを選ぶ時、気を付けるべき8のポイント

さくらの森のきなりを飲んだ感想と他での評判は?

血栓予防が出来る食べ物を食べて血圧も下げるように心がけよう

食事内容と考え方を変えれば高血圧は必ず改善します

今回の記事はいかがだったでしょうか?

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら、下記のツイート、いいねボタンなどで共有して頂けると嬉しいです。

あなたが、下記のバナーをクリックをしてくれる事で、
私が記事を更新する励みになります。応援よろしくお願いします。


生活習慣病 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ