藤城式食事療法で、高血圧が改善する人と改善しない人の違い

この記事の所要時間: 38

org_img_2
藤城式食事療法は、今までの食事を改善する事によって
血圧を下げる方法を記載した電子書籍です。


私としては、他にある血圧を下げるサプリメントを
飲むより、効果の出やすい商品だと思っています。

何故なら、サプリメントだけに頼ると、ずっと
そのサプリメントを飲み続けなければならないので、
とてつもない費用がかかるからです。
(サプリメントが悪い、と言っているわけではないです)


また、サプリメントは飲んでいるうちに効き目も薄くなる可能性があります。


一方、藤城式食事療法は、今までの食事内容を一変して、
身体全体の毒素を抜き、体質の根本から変えてしまおう、というもの
なので、改善してから、また高血圧になる、という事がありません。


ただ、そんな藤城式食事療法を実践しても、
効果が無い人も一定数いるのは確かです。

藤城式で高血圧が改善しない人

続発性高血圧(二次性高血圧)の人は、
藤城式食事療法を実践しても効果は無いですね。


何故なら、続発性高血圧(二次性高血圧)は、
病気が原因で高血圧になっています。

そんな人は早く治療する為に病院に行って欲しいと思います。

食事で改善、なんて言っている場合ではありません。


藤城式で高血圧が改善する可能性がある人

本態性高血圧の人は、藤城式食事療法を実践して
高血圧が改善する可能性が高いです。


ちなみに本態性高血圧とは、原因の特定ができないけど、
慢性的に血圧が高くなっている症状の事です。

その原因によって、藤城式食事療法を実践した後の
効果が違ってくることがあると思います。


本態性高血圧の人の原因は色々あるのですが、
もし、あなたの高血圧の原因が遺伝やストレスのみだった場合、
藤城式食事療法を実践しても効き目は薄いかもしれません。

ただ、高血圧の原因がストレスや遺伝だけ、という人は稀だと思います。


本能性高血圧の人のほとんどの人が
下記の原因で高血圧になっていると思います。


・食生活

・喫煙、飲酒

・肥満


上記に当てはまるような人が、藤城式食事療法を
実践した場合、高い確率で高血圧は改善されと思います。

また、高血圧が改善されるだけでなく、健康も手に入ります。


ただし、そうなるのは真剣に高血圧を改善したい、
と思っている人だけですけどね。


まとめ

藤城式食事療法で高血圧が改善しない人は、
続発性高血圧(二次性高血圧)の人です。

早く病気を治しましょう。


藤城式食事療法で高血圧が改善する可能性が高い人は、
本能性高血圧の人(原因が食生活、肥満、生活習慣)です。
しっかり実践すれば、3か月以内に高い確率で
高血圧は改善していくでしょう。


そういう人に購入をおすすめしやすいのが藤城式食事療法です。

藤城式食事療法の公式サイトはこちらをクリック


ただし、この藤城式食事療法は、

「今度こそは真剣に高血圧を改善したい」

このような考え方じゃないと購入しても無駄になると思います。


その辺のことは下記の記事に詳しく書いて
いるので、良かったら参考にしてしてください。

藤城式食事療法で結果を出すために
必要な知識と考え方について書いた記事はこちら




■追記

更に当サイトから藤城式食事療法を購入してくれた方には
私からの購入特典もつく事になりました(詳細は下記をクリック)

藤城式食事療法を実践して同時に肥満も解消したい人へ

高血圧と肥満・両方で悩んでいる人が摂るべき栄養素はDHAとEPAです

DHA・EPAが500㎎配合されたきなりの公式サイトはこちら

健康的な体を目指す人におすすめのサイト

フイッシュオイル(魚油)やココナッツオイル等、高血圧や健康に良いサプリやオーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)というサイトについて詳しく紹介しているサイトは下記をクリック

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

おすすめ記事はこちら

高血圧を食事で改善するための5つのポイントとは?

高血圧の人が外食でメニューを選ぶ時、気を付けるべき8のポイント

さくらの森のきなりを飲んだ感想と他での評判は?

血栓予防が出来る食べ物を食べて血圧も下げるように心がけよう

血圧を下げるレシピは、〇〇食材を利用しましょう

今回の記事はいかがだったでしょうか?

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら、下記のツイート、いいねボタンなどで共有して頂けると嬉しいです。

あなたが、下記のバナーをクリックをしてくれる事で、
私が記事を更新する励みになります。応援よろしくお願いします。


生活習慣病 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ