生活習慣病になりたくなければ、脈圧に気を付けろ

この記事の所要時間: 141

kekkann2

脈圧という言葉は、聞いた事があるでしょうか?
少しでも高血圧について調べた事があるのなら、知っていると思います。
脈圧と言うのは、上の血圧の値から下の血圧の値を引いた数字を脈圧
呼んでいます。


この脈圧というものが、生活習慣病(心筋梗塞など)になる確率に
大きく関わってきます。


結論から言うと、脈圧の数字が大きい人ほど太い血管の動脈硬化が進んでいる
という事になります。
更に生活習慣病(心筋梗塞など)になる確率が一気に上がります。


脈圧が50前後で全体的に血圧の数値が高い人は、細い血管の動脈硬化が
始まっている可能性が高いです。
その記事はこちらにあるので良かったらどうぞ

⇒最初の高血圧は、細い血管からの危険信号です



では、例を上げましょう。

上の血圧値が180、下の血圧値が80、この場合は
180-80で、脈圧は100という事になります。
この脈圧の数値が大きくなればなるほどヤバい、という事になります。


この結果だけ見ると、「下の血圧が低いから良いんじゃないの?」
思うかもしれませんが、そこ、間違ってますから注意してください。


脈圧が大きくなると、更に下の血圧が押し下げられて脈圧の数値が
大きくなりやすくなります。負のスパイラルですね。



じゃあどうしようか

こうなってくると、太い血管だけではなく、細い血管も動脈硬化が
進んでくるので、かなり危ない状況になってきます。
そうならないよう、日頃から自分の血圧値を把握しておきましょう。


脈圧が大きくなってきたら、自分の生活習慣を振り返って、
1日のスケジュールから食事の内容、睡眠時間などを細かく
メモしてみましょう。
必ず、どこかに原因が落ちています(ストレスや遺伝は別です)


解決策は、このブログにどんどん書いていきます。
参考になれば幸いです。

高血圧と肥満・両方で悩んでいる人が摂るべき栄養素はDHAとEPAです

DHA・EPAが500㎎配合されたきなりの公式サイトはこちら

健康的な体を目指す人におすすめのサイト

フイッシュオイル(魚油)やココナッツオイル等、高血圧や健康に良いサプリやオーガニック食品などが安価で購入出来るiherb(アイハーブ)というサイトについて詳しく紹介しているサイトは下記をクリック

iherb(アイハーブ)というサイトをおすすめする理由とは?

おすすめ記事はこちら

高血圧を食事で改善するための5つのポイントとは?

高血圧の人が外食でメニューを選ぶ時、気を付けるべき8のポイント

さくらの森のきなりを飲んだ感想と他での評判は?

血栓予防が出来る食べ物を食べて血圧も下げるように心がけよう

血圧を下げるレシピは、〇〇食材を利用しましょう

今回の記事はいかがだったでしょうか?

もし、今回の記事を読んで気に入って頂けましたら、下記のツイート、いいねボタンなどで共有して頂けると嬉しいです。

あなたが、下記のバナーをクリックをしてくれる事で、
私が記事を更新する励みになります。応援よろしくお願いします。


生活習慣病 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ